« 読書日記11月24日 | トップページ | 弾劾証拠 »

2015年11月25日 (水)

依頼者の説得

 弁護士の仕事の一つに、依頼者の説得というものがある。
 依頼者が法律のことを理解せず、依頼者の主張どおり、あるいはやりたいように事件を続けていると、依頼者にとって不利益となる場合に、リスクや法律の仕組みや裁判が証拠に基づいて行われることなどを説明して依頼者にとってよりよい解決をするために(通常の)弁護士であれば説得をすることになる。

 
 あまに強硬に説得すると、「どちらの味方やねん」ということで依頼者から不信感を持たれるので、兼ね合いが難しいところである。

 ある意味、費用さえ支払ってもらえるのであれば、依頼者のいうとおりにして紛争が紛糾した方が弁護士は儲かることになるし、依頼者を説得している形跡もないという弁護士がいるにはいる。

 しかし、通常は職業倫理に基づいて、依頼者にとってよりよい解決を目指して、依頼者に説明をし、説得をすることになる。
 時にはあまりにもむちゃくちゃ言われると、弁護士の方も信頼関係が保てないということで辞任したりすることもある。
 事件によっては依頼者に粘り強く説明をし、できうる限り納得をしてもらい、いい解決をしたと思ってもらえるまで打ち合わせを繰り返すことになる。
 依頼者にとって最も利益となるように、通常の弁護士であれば考えているものである。
 

|

« 読書日記11月24日 | トップページ | 弾劾証拠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/62743878

この記事へのトラックバック一覧です: 依頼者の説得:

« 読書日記11月24日 | トップページ | 弾劾証拠 »