« 砂糖の量 | トップページ | ここ一番はつきあう »

2016年2月23日 (火)

読書日記2月23日

「他者が他者であること」文春文庫。宮城谷昌光。
 三国志などで知られる著者のエッセイ集。途中、カメラ雑誌に投稿していたくだりはカメラに全く興味のない私にはどうでもよかったが、司馬遼太郎のことを書いているエッセイはよかった。

「黒い報告書 インフェルノ」新潮文庫。週間新潮編集部。
 週刊新潮に連載されている実話を基にした短編の中の傑作選。
 読んでいて、「この事件だな」というのが分かる話と、全く分からない事件があった。
 どこまでが事実でどこからが虚構かが読んでいると分からないが、暇つぶしには面白い。

|

« 砂糖の量 | トップページ | ここ一番はつきあう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/63248393

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記2月23日:

« 砂糖の量 | トップページ | ここ一番はつきあう »