« カラオケは歌う | トップページ | 何よ~という感じの小次郎(二代目) »

2016年3月 1日 (火)

書き言葉と話し言葉

 文章を添削していると、書き言葉と話し言葉が混在している文章に出会うことが多い。
 もちろん日本語も時の流れとともに変わっていくものであるとはいえ、やはり基本的なルールを守った方がよいと思っている。
 そうした場合、これは「話し言葉」であり、書き言葉ではこうした方がよいということを指導するようにしている。
 頭の中で考えているので、話し言葉になりがちなのであろう。

 事務所開設の案内や、お礼状で、先日、(笑)という言葉を使用している文章を見た。若者であるため、メールなどではそうした文章を使うのが日常化しているものと思われるが、やはりきちんとした文章を書かないと、「若いから仕方ない」では済まされず、「言葉の使い方も分かってない」弁護士であるという評価をされて、そうした弁護士に多忙であるときに事件を共同受任するときに声を掛けようとは思ってもらえないであろう。
 (笑)というのは、対談やインタビュー記事でその場の雰囲気を出すために使われる言葉であり、改まった文章で使うべきではなかろう。
 一つ一つの行動というのは中々難しいところがあるのだ。

|

« カラオケは歌う | トップページ | 何よ~という感じの小次郎(二代目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/63279423

この記事へのトラックバック一覧です: 書き言葉と話し言葉:

« カラオケは歌う | トップページ | 何よ~という感じの小次郎(二代目) »