« 読書日記4月6日 | トップページ | サッカーバカ »

2016年4月 7日 (木)

裁判官の転勤

 4月は裁判官の転勤の時期だが、だいたい3年で移動される。
 この裁判官に判決は書いてもらいたくないという裁判官もいれば(早く転勤して欲しいタイプ)、この人に是非判決を書いて欲しいという裁判官もいる。
 部長(3人でテレビに映っている裁判官の真ん中の人)クラスだと上に空きが出て玉突きで移動になり、突然転勤されることもある。
 これはご本人も読めないようである。我々弁護士にはもっと読めず、「この裁判官に是非判決を書いて欲しい」と思っていたのに肩すかしを食らうことになる。

 我々弁護士には出世も転勤もないのであるが(弁護士会の役職をしているからといって出世した訳ではない)、裁判官は同期がどうしたこうしたなどで気になるもののようである。
 我々弁護士は、その気になれば生涯現役であるが(私も老害をまき散らしているかもしれないが・・・)、裁判官はある程度の時期を過ぎると所長になったり現場を離れるようで、ある裁判官などは、「地裁の部長をずっとやっていたい」と言われていた。
 その裁判官は定年になったら絶対に簡裁の判事をすると言っており、その時期が来たら(どこかの)簡裁が非常に活性化しそうな気がしている。

 栄転もあれば左遷もあり、場合によれば再任拒否もあるのが裁判官である。
 裁判官も「京都はどんなところやろう」「弁護士がややこしいらしい」「依頼者が難しくて和解がしづらいのはホンマやろか」と思ってくるかもしれないが、我々弁護士も次はどんな裁判官が来るか非常に気にしているのが実情である。

|

« 読書日記4月6日 | トップページ | サッカーバカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/63448643

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官の転勤:

« 読書日記4月6日 | トップページ | サッカーバカ »