« 小次郎(二代目)が一番気に入っているオモチャ | トップページ | 道路工事 »

2016年5月30日 (月)

読書日記5月30日

「心にナイフをしのばせて」文芸春秋。奥野修司。
 私が生まれる前に起こった事件のノンフィクションであり、神戸連続児童殺傷事件同様、被害者を殺害した後、その首を切り落とすという行動に出た少年事件の被害者家族のその後と、加害者の今を追った作品である。
 「淳」もずいぶん前に読んだが、被害者の代理人を多数している身としては、被害者の遺族の思いというのは他の弁護士と比べるとまだ推測することができているという思いでいても、この分野の本を読むにつけ、全く推測すらできていなかった自分を恥じるばかりである。
 この本も購入してしばらく自宅のこれから読む本を入れてある本棚にあったのだが、中々手に取ることができなかった。
 遺族が味わった地獄と、その一方で反省の弁すらない加害者。
 そして加害者は何と弁護士となっていたのである。
 私は当時ハードカバーで購入したが、今は文春文庫で読める。
 秀逸な作品であり、また、忘れてはならない事件である。

|

« 小次郎(二代目)が一番気に入っているオモチャ | トップページ | 道路工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/63691588

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記5月30日:

« 小次郎(二代目)が一番気に入っているオモチャ | トップページ | 道路工事 »