« 保険会社側代理人も困る | トップページ | 読書日記6月24日 »

2016年6月23日 (木)

アゲハの幼虫

 少し見づらいが、中央あたりにアゲハの幼虫がいる。おそらくはキアゲハであろうか。

 最初は鳥のフンに擬態しており、5回脱皮を繰り返すと5齢幼虫になり、この後はさなぎになるのである。
 ミカンの木を買ってきて、ミカンがそのうちなるといいなあと思っていたところ、ミカンの葉はアゲハの幼虫の餌であり、早速幼虫がついていたのである。
 1匹だけなのと、駆除するのも何となくかわいそうであるので放置していて、毎日居るかどうかを眺めていたところ、ある日の夕方こやつが消えていた。
 鳥にでも食べられたかと思っていたところ、ネットで調べると、サナギになると身動きできないため、安全なところでサナギになるため大移動をするということである。
 庭をだいぶ探したが、私に見つかるようでは安全に過ごせないであろうから、見つけることはできなかった。
 真相は不明であるが、せっかく大事なミカンの葉を食べることを容認したのであるから、無事アゲハになって、庭の初代小次郎の墓の周りを飛んであげて欲しいものである。
160617_083001

|

« 保険会社側代理人も困る | トップページ | 読書日記6月24日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/63805591

この記事へのトラックバック一覧です: アゲハの幼虫:

« 保険会社側代理人も困る | トップページ | 読書日記6月24日 »