« 読書日記7月26日 | トップページ | 謹んで亡くなられた方のご冥福を申し上げます »

2016年7月27日 (水)

真田太平記

 現在NHKの真田丸が好評を博しているということであり、私も楽しみに見ている。
 ちなみに、次の日曜日は都知事選の選挙日と重なって居るため、地上波放送では放送時間が繰り上がるので要注意である。

 真田丸の面白さはまた書くかもしれないが、真田丸で真田昌幸を演じている草刈正雄はNHKで放送された「真田太平記」(原作・池波正太郎)では、真田幸村を演じていたのである。真田太平記では昌幸を演じていたのは丹波哲郎であった。当時の丹波哲郎の年齢と、現在の草刈正雄の年齢は同じということである。

 真田太平記は総集編で見た記憶があるが、真田丸を見ているとどうしても真田太平記を見たくなり、DVDを購入して少しずつみている。
 これを書いている時点で、幸村が大阪に入城する手前である。
 丹波哲郎の怪演もいいし、真田信之役の渡瀬恒彦もいい。当然草刈正雄もいいし、お江という女忍び役の遙くららがものすごくいい。
 お江の描かれ方は原作とは異なるのだが、それもまたいいのである。
 ラストがどうなるかは大阪の陣の顛末を知らないわけではないので分かっているのだが、幸村最後の突撃ではきっと涙なくしては見られないであろう。
 原作は池波正太郎で確か文庫版で13巻くらいあるので、読むのは大変だが、これもまた名作である。
 作品という意味では、真田丸の方はかなり史実に近く、真田太平記は架空の人物がかなり出てくる。史料を検討した上で堀田作兵衛とか、高梨内記などが出てくるのを落としたのかどうかは分からない。最近真田関係の史料の研究が進んでいることもあり、当時は史料が少なかったのかもしれない。

|

« 読書日記7月26日 | トップページ | 謹んで亡くなられた方のご冥福を申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/63968521

この記事へのトラックバック一覧です: 真田太平記:

« 読書日記7月26日 | トップページ | 謹んで亡くなられた方のご冥福を申し上げます »