« 記録を読まない裁判官 | トップページ | 弁護士が頑張っているのに、依頼者が見てくれない »

2016年8月25日 (木)

電車の中にて

 電車に乗っていると、偶々トイレがある車両であったが、「使用停止」と書かれていた。

 そうすると、使用停止の張り紙をじっと見て、おじさんがこそこそと入っていった。
 そのオジサンが出てきて、しばらくすると、また次のおじさんがじっと使用停止の張り紙を見ていたが、また入っていった。
 出物腫れ物所嫌わずというから仕方ないのかもしれないが、使用停止のトイレを使用した後はどのようになっていたのであろう。
 想像するのも嫌であるが、どうしようもない瞬間というのは人間にはあるので仕方がないのであろう。
 今週もあと2日。
 頑張っていきましょう。

|

« 記録を読まない裁判官 | トップページ | 弁護士が頑張っているのに、依頼者が見てくれない »

コメント

女子トイレが一杯の時、わたしは迷わず男子トイレに直行くする。これが逆だと犯罪になるが、女はつくづくこの手の問題では得をしている。面白いのは、男子トイレで遭遇した男どもの反応。入り口に戻りそこが、男子トイレであることのの確認をしに行く人が多数いる。

投稿: はるな | 2016年8月26日 (金) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/64095686

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中にて:

« 記録を読まない裁判官 | トップページ | 弁護士が頑張っているのに、依頼者が見てくれない »