« 読書日記9月5日 | トップページ | 耳をぴっと後ろにするワン »

2016年9月 6日 (火)

読書日記9月6日

「失われたノアの方舟」(上)(下)。竹書房。ボイド・モリソン。
 シグマフォースシリーズで有名なジェームズ・ロリンズという作家が絶賛した著者によるタイラー・ロックという主人公が活躍するシリーズの一作目。
 ノアの方舟の物語が語ることは何か。本当に洪水はあったのか。創世記が伝わる間に誤訳はなかったのか。ノアの方舟はどこにあるのか。
 全世界を滅ぼそうとしているカルト集団の野望が絡まり、エンターテイメント性は抜群である。ハラハラありロマンスありで、冒険活劇小説の王道をいっている。

 これまた人生で絶対に読まないといけない小説ではないものの、息抜きにはなるので、夏バテ気味の頭にはちょうどいい。

|

« 読書日記9月5日 | トップページ | 耳をぴっと後ろにするワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/64146506

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記9月6日:

« 読書日記9月5日 | トップページ | 耳をぴっと後ろにするワン »