« 高裁での逆転勝訴判決 | トップページ | 悲しい時 »

2016年10月28日 (金)

読書日記10月28日

「風土」P+Dbooks。福永武彦。
 今年出会った大作家である福永の最初の長編小説である。
 これについても、現在入手困難であったが、安価な値段で読むことができる。

 15年前に淡い恋心を抱いていた女性は友人の妻となったが、その後、パリで友人は交通事故で死に、海辺でその女性は子どもと暮らしている。
 15年振りに海辺に訪れた芸術家は、何を思い海辺を訪れたのか。
 15年前の状況と現在とが交錯して深い物語をつむいでいく。
 こういう小説を読むと、最近の小説はやはり読むことができないのである。
 芸術家と女性の恋という意味では、名作「海士」と同様の舞台設定であるが、処女長編ということで、海士の方が物語の技巧や構成は巧みであるが、風土もまた素晴らしい作品である。
 人生で一読の価値のある作品であると思う。
 解説は実子で作家の池澤夏樹氏。

|

« 高裁での逆転勝訴判決 | トップページ | 悲しい時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/64406647

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記10月28日:

« 高裁での逆転勝訴判決 | トップページ | 悲しい時 »