« 師走 | トップページ | 読書日記12月7日 »

2016年12月 6日 (火)

読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。

 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯人が他にいる可能性が浮上する。新たな殺人事件が発生し、現場に遺留されたDNAが、17年前の事件現場に遺留されたDNAと一致したのである。
 特命を受けて主人公が捜査に入るが、17年前に思い込みで捜査されているため次々にずさんな捜査の実態が明らかになる。
 過去に作者の作品をいくつか読んでおり、リアリティ溢れる(といっても私も警察の現場を知る訳ではないので、そう感じるだけであるが)作風は好感が持てる。
 突拍子もない話が出て来ない作品は地に足がついていると感じるのである。
 一気に最後まで読めた。
 

|

« 師走 | トップページ | 読書日記12月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/64585354

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記12月6日:

« 師走 | トップページ | 読書日記12月7日 »