« 梅が満開である | トップページ | 犯罪被害と量刑 »

2017年3月 9日 (木)

学者の仕事

 特殊な分野の本がないかなと思って検索すると(ネットがなかった時代は本屋で探すしかなかった訳だが)、学者の方はニッチなところでも本を書いておられたりする。

 裁判例なども整理されていて、大変役立つのである。
 福知山花火大会の爆発事故が発生した時に、火災に関して何か書籍はないかと探したところ、絶版になっていたため逆に価格は高かったのだが、「火災の法律実務」「火災と刑事責任」などの本が出ていることがわかった。火災の法律事務津は群馬県弁護士会が発刊したものであったが。
 失火責任法について調べた時も、「失火責任の法理と判例」という本が見つかった。これも古本だが高かった記憶である。
 学者の方はあまりメジャーでないところについても本を書かれていることがあり、これぞ学者の仕事であると心の中で感銘を受けながらせこせこと調べ物をするのである。
 地道だが、調べ物をするのが好きでないと、弁護士はできないのである。

|

« 梅が満開である | トップページ | 犯罪被害と量刑 »

コメント

2年前の判決判例が見当たらないので、ある弁護士さんのブログに「どこをさがせばいいか」と尋ねたら、「まだ判例として掲載されるのは先だから、コピペを添付しておく」といってメールに添付してくれた弁護士さんが居た。
別の弁護士さんも他の貴重な判例を添付してくれて、たまに携帯から、事務所のアドレスにメールを送信しても返信してくれ、事件相談はしないけど、なんとなくうれしい

投稿: はるな | 2017年3月 9日 (木) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/64987937

この記事へのトラックバック一覧です: 学者の仕事:

« 梅が満開である | トップページ | 犯罪被害と量刑 »