« 読書日記3月3日 | トップページ | 犬のおまわりさんだワン »

2017年3月 6日 (月)

読書日記3月6日

「騎士団長殺し 1部、2部」新潮社。村上春樹。

 村上春樹の作品はなぜ売れるのか、また一部の人を虜にするのかということを見極めるために時々読んでいるが、久しぶりの長編ということで購入して読了した。
 結論からいうと、村上春樹ファンの方には申し訳ないが、やはりなじめなかった。
 いくつか作品を読んでいるためか、内容的にも新しいものはなかったように思われる。そりゃ設定とかは違うが。
 読まずに批判するのはよくないと思い、読んでいる訳である。
 村上春樹ファンのための小説であるし、村上春樹自身言っているところであるが、彼の小説が好きな人が読んで満足すればそれでよいのだろうし、小説とは元々そういうものであろう(私は福永武彦という作家が好きだが、人によってはどうでもいいというかもしれないのと同じ)。
 なお、弁護士からすると、ストーリーそのものには関係するものではないが、法律的なところで明らかな誤りが書かれているところが一箇所あるので、そこは文庫化するか、第2版が出る時には修正した方がよろしかろうと思われる。
 ネタバレは書きたくないので、ここでは書かないが。

|

« 読書日記3月3日 | トップページ | 犬のおまわりさんだワン »

コメント

白鳥正宗刑事の事件帖(佐々木隆三)勉強になる

投稿: はるな | 2017年3月 7日 (火) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/64957605

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記3月6日:

« 読書日記3月3日 | トップページ | 犬のおまわりさんだワン »