« 何か面白いことないかワーン | トップページ | タクシーにて法律相談される »

2017年6月14日 (水)

読書日記「みみずくは黄昏に飛び立つ」

 新潮社。村上春樹に川上未映子がインタビューした一冊。

 小説に関して、様々なことを川上が聞くが、かなり内容が難しくて、へたな小説読みの私としては、分からないところも多かった。
 村上春樹が本当のことを言っているのか、川上がかなり疑っているところが多々あったが、私もそういうところは、「本当かな」と思って読んでいた。
 騎士団長殺しについても川上がかなり具体的に突っ込んで聞いているが、報道では騎士団長殺しは売れ行きが50万部程度で低迷しているということであり、返品の可能性があるということもいわれている(本当かどうか分からないけど)。
 50万部というのが本当だとしても、その部数はそれだけですごいのはすごいのだが、これまでの村上春樹の売上からすると低迷と言われるのも仕方がないであろう。
 村上春樹が本当のことを文字通り言っているとすれば、村上春樹の小説を理解する助けになるかもしれない。
 ※ 一応述べておくと、私は村上春樹のファンではなく、これだけ長期間売れる作家は読んでおこうと思い色々と読んでいるのである。私はやはり物語を読み終えた時にカタルシスを感じたいので、福永とか過去の作家の作品にとてつもない魅力を感じるし、夏目漱石は絶対に読まないといけないと思っている。

|

« 何か面白いことないかワーン | トップページ | タクシーにて法律相談される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65402598

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「みみずくは黄昏に飛び立つ」:

« 何か面白いことないかワーン | トップページ | タクシーにて法律相談される »