« 読書日記「黄砂の籠城」 | トップページ | 読書日記「バッタを倒しにアフリカへ」 »

2017年6月 5日 (月)

ブログ再開

 先週はブログが更新できなかったので、何人かから、「どうしたんですか?」ということを言われたのだが、単に予定が詰まっていて更新できなかったのである。

 病気とかそういうものではなく、私としては疲れてはいるが、至って元気である。
 火曜日の夜から翌日の日弁連の法律相談センターの委員会に出席するため、前泊していたのである。会議は水曜日の9時30分から開始するので、朝一番の新幹線で間に合わない訳ではないのだが、4時代に起きないといけないので、頭が働かないため、前泊しているのである。
 火曜日は午前中家裁の調停で、成立したのが12時40分であり、その後直ぐに打合があり、15時30分から弁護士会の定期総会に出席した。予算に異議が出されるなど、盛り上がった総会であった(主として法律相談センターの存廃に関わる意見であったため、前年度まで6年間委員長をしていたという関係で、私は役員の予算案で問題ないということで、反対の人に対して論陣を張った)。
 総会が長引き、終了後直ぐに控訴理由書の打合をして、依頼者と長時間の電話をし、その足で東京に向かったので、ホテルに着いたのは11時前であった。
 水曜日は日弁の委員会で、終了後は委員長をされていた先生の退任慰労会であった。各地の酒を持ち寄る習わしであるところ、予想以上にお酒が集まった。
 木曜日は法律相談センターに関する全国協議会があり、私は主宰者側の人間として、10時から講師の先生と事前打合に立ち会い、11時から16時まで会議に参加した。
 前半は「広報」というものについての考え方であり、世界的に有名なクリエイターのお話を聞くことができ、参加した会場の弁護士から、心の底から目からウロコが落ちたという声を多数聞くことができた(一応この全国協議会は、私が責任者のようなものである)。
 後半は、平成27年度に発刊した「法律相談の再生のために」の補訂版をこの2年間作成しており、それが完成したので、その内容について私から報告をした。前半のインパクトが強く、私の講演はあまり印象に残らなかったようであるが、それほど前半が素晴らしかったので、協議会としては大成功だったと思っている。
 その後も懇親会に出て、10時過ぎに帰宅したが、2泊3日東京に行っている間に、庭の野菜は相当生長し、小次郎(二代目)は、息が切れるほど喜んでくれたのであった(私も小次郎に会いたくて会いたくて寂しかったのは当然であるが)。
 そのようなことで、先週は依頼者に迷惑をかけたのであるが、そんな状況であったので、ブログにまで手が回らなかったのである。
 今週は、本来業務に邁進したいものである。
 以上。

|

« 読書日記「黄砂の籠城」 | トップページ | 読書日記「バッタを倒しにアフリカへ」 »

コメント

会いたくて会いたくてさびしかった・・だけど会えたんですね。。うらやましいです。

投稿: | 2017年6月 5日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65360428

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ再開:

« 読書日記「黄砂の籠城」 | トップページ | 読書日記「バッタを倒しにアフリカへ」 »