« 読書日記「猿神のロスト・シティ」 | トップページ | 身体柔らかいワン »

2017年6月20日 (火)

シャツのボタン

 仕事中、私はノーネクタイで殆どを過ごしているが、ボタンは2つ開けている。

 これがまたガラの悪さに拍車をかけるといわれているのであるが、これは粋がって開けているのではなく、昔買ったシャツの胸回りがボタンを一つ開けているだけだと、やや苦しいためである。
 胸回りが育った(太った)せいでもある。
 では、新しいシャツを買えばよいではないかという話になるのであるが、私は少し手が短いので(私の父親も手が短い)市販のシャツを着ようとすると、首回り、胸回りが大きいものだと、手の長さが合わないので、これまた合わないのである。
 痩せればいいのであるが、そう簡単にはいかないのが世の常である。
 以上。

|

« 読書日記「猿神のロスト・シティ」 | トップページ | 身体柔らかいワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65432270

この記事へのトラックバック一覧です: シャツのボタン:

« 読書日記「猿神のロスト・シティ」 | トップページ | 身体柔らかいワン »