« ご先祖さまは貴婦人の膝に座ってたワン | トップページ | 読書日記「天下大乱を生きる」 »

2017年6月29日 (木)

読書日記「ローマ法王に米を食べさせた男」

 講談社α新書。高野誠鮮。

 過疎の村をスーパー公務員が救うという話で、ドラマの原作にもなった。
 読めば読むほど、発想の転換と行動力でこれだけの成果を出すことができるのかと感心しきりである。
 過疎の村のご老人達と大学生の交流、ブランド米化等々。
 筆者は僧侶でもあるが、真実の意味で悟りを開いておられると感じさせられもした。
 これは非常にいい本で、まだ読んでおられない人は是非読んでいただきたい一冊である。

|

« ご先祖さまは貴婦人の膝に座ってたワン | トップページ | 読書日記「天下大乱を生きる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65463670

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「ローマ法王に米を食べさせた男」:

« ご先祖さまは貴婦人の膝に座ってたワン | トップページ | 読書日記「天下大乱を生きる」 »