« 挟まってるワン | トップページ | ぎっくり腰 »

2017年7月27日 (木)

読書日記「ハンターズ アレクサンダー大王の墓を発掘せよ」

 上下巻。竹書房。クリス・カズネスキ。

 表題に惹かれて購入して読んだが、期待が大きすぎたせいで、正直残念であった。
 ここまで期待しておらず、また、私が多数の小説を読んでいなければここまでのがっかり感はなかったであろう。
 キャラが立っておらず、人物描写が甘いと感じた。会話も不自然である。
 また、こういうストーリーであればこう展開するだろうという予測を裏切ろう、裏切ろうとする意欲が強すぎるため、筆者は違う展開にするのだが、その展開が胸が悪くなるような方向であったりして、読後感が非常に悪かった。カタルシスがない。
 さらに、小説としてどんでん返しを入れようとするのはわかるが、その展開も甘い。
 素材としてはいいお宝を選んだと思うが、設定もどうなんだろう、これはあまりにもご都合主義すぎないかというところもあり、素材に負けた感は否めない。
 この作者の作品はもう読まないと心に誓うこととなった二冊であった。

|

« 挟まってるワン | トップページ | ぎっくり腰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65583411

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「ハンターズ アレクサンダー大王の墓を発掘せよ」:

« 挟まってるワン | トップページ | ぎっくり腰 »