« 小玉スイカ収穫 | トップページ | 弁護士のメンタルヘルス »

2017年7月21日 (金)

読書日記「多動力」

 幻冬舎。堀江貴文。
 堀江氏の仕事や物事に対する考えをまとめた一冊。

 字が大きいので、15分くらいで読んだ。
 この考え方は、能力にある堀江氏であれば通用するのであろうが、一般人がこれをマネすると、とんでもないことになるであろうという内容が綴られている。堀江氏の能力があるからこと成功しているのであり、一般人がこれを読んで、「俺もこうしよう」ということになってしまうと、大変なことになるであろうな、という一冊。
 能力が著しく高い人には参考になるところがあるかもしれないが(一部私と同じことをしているところもあったが、堀江氏のような能力は私にはないので、「彼はこういうえ考えなのか」で終わりの本で私の人生にとって参考になるところはなかった。まとめて古本屋に売却の箱行きである。)、そこのところを踏まえて実践するならしないと、直ぐにオーバーフロー状態となってしまうであろう。

|

« 小玉スイカ収穫 | トップページ | 弁護士のメンタルヘルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65557601

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「多動力」:

« 小玉スイカ収穫 | トップページ | 弁護士のメンタルヘルス »