« 京都駅にて | トップページ | ウサギも僕のだワン »

2017年8月 4日 (金)

読書日記「村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事」

 中央公論新社。村上春樹。
 村上春樹は優れた翻訳家であり、多数の小説を発表する合間に翻訳を手がけている。

 その翻訳のほとんど全仕事を掲載した一冊で、それぞれに一言ずつ村上春樹の思いが書かれている。
 また、翻訳家の柴田元幸氏との対談も掲載されている。
 よくこれだけの仕事ができると思うのだが、村上春樹によると、翻訳と小説を書くのは頭の使うところが違うようである。経済的にはペイしない翻訳作業をなぜするのか、翻訳の魅力についてたっぷりと書かれた一冊。
 どちらかというと、私は村上春樹は小説よりも翻訳の方が好きである。
 村上春樹の偏愛ともいえるチャンドラー愛を感じるためであるかもしれないが。
 これを読んでいると、「この作品も読みたいな」「あっ。これも良さそう。」などと思ったが、直ぐに本を発注するため、読んでいない本が500冊くらいまだあるので、注文するのを我慢した次第である。
 早くチャンドラーの未翻訳の「レイディ・イン・ザ・レイク」を翻訳して欲しい。
 チャンドラーの新訳が出たら、他の本はいったん棚上げにして、村上春樹訳を読むのである。
 

|

« 京都駅にて | トップページ | ウサギも僕のだワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65615741

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事」:

« 京都駅にて | トップページ | ウサギも僕のだワン »