« 読書日記「死ぬほど読書」 | トップページ | 読書日記「WOLF」 »

2017年8月30日 (水)

札幌遠征紀

 8月25日と26日は夏期休暇を取り、北海道にサッカーの練習試合に行ってきた。

 札幌弁護士会のチームとの練習試合である。
 10月末にある全国大会に向けて調整のためでもあった。
 なお、なぜ土日にしなかったかというと、土曜日には札幌でエクザイルのコンサートがあり、宿が取れない(取れても一泊15万円とかの部屋)状態であったためである。恐るべし、エクザイル。
 午後2時30分の便で16時30分頃に新千歳に到着し、予約しているホテルに行くが、「予約がありません」と言われる。過去に一度泊まった札幌駅前のホテルであり、「何か不具合か?」と考えたが、予約の記録を見せたところ、同じ名前の違う場所にあるホテルということが判明した。ちなみに、アパホテルではない。
 ホテルの方に聞くと、タクシーで行くには近すぎるというので、地図をもらい歩いたが(どうもそういう間違いをする人が多いようである)、ホテルの人の説明とは異なり、到着に20分を要した。
 チェックインをすると、ホテルの1階にある定食屋の食券をもらう。朝食サービスはなく、横の定食屋で食べるシステムのようである。よし、明日の朝は納豆と生卵定食にしよう。
 その後は懇親会である。鳥秀というススキノの焼き鳥屋で前日に札幌チームと懇親会を開催した。ススキノらしく、ビルの2階から4階は風俗店が入っている。ビルから出てきた人が何をしていたか分からないという雑多さがススキノのいいところである。何人かのチームメイトは驚いていたが。。。
 名前からして、焼き鳥ばかり出てくるのではと予想し、チームメイトの何人かは、先に回転寿司で海の味覚を少し仕入れてから来たようであるが、私は事前にこの店のコースを調査しており、海の幸もふんだんに出ることをリサーチしていた。
 鳥秀の名前とは異なり、焼き鳥は2品だけで、後は北海道の非常に美味しい野菜や海鮮が出てきて、非常に満足であった。
 おまけに、もうすぐ私の誕生日ということで、サプライズで皆さんにケーキも用意してもらっていたのである。
 そして、その日はホテルのバーで何人かで軽めに飲んで、翌日に備えた。
 翌日は車でないと行けないため、バスをチャーターしてキロロリゾートで練習試合を行う。
 私以外はみな若手というのが京都チームの今回の遠征メンバーであり、私自身かなり足を引っ張ったが、20分5本のトレーニングマッチを行い、トータル8-0くらいで勝利した。私も80分出場したので、これを書いている現在、あちこちが筋肉痛である。
 途中激しい雨が降り、一本しか持ってきていなかったズボンの汗を乾かそうと干していたところ、試合中に荷物のところに戻るわけにもいかず、ズボンがずぶ濡れとなった私は、帰り道をサッカーパンツで過ごすハメになった(サッカーパンツは速乾性がある)。
 途中、トンデンファームに寄ってもらい、ソフトクリームを食べたのだが、一度雨に濡れた身体には寒すぎて、みんなでクリームを食べようという意思のもとにトンデンファームに寄ったにもかかわらず、熱々のソーセージを食べるという裏切り者があらわれる始末であった。一部の選手は、子ヤギが可愛いと思い近づいたところ、思い切り威嚇されてビビるという一幕もあった。
 サッカーパンツ姿の私は、空港で服を買うことも考えたが、どうせみんな人のことはそんなに見ていないだろうと腹をくくり、プレミアム席でサッカーパンツで堂々と座り、自宅までサッカーパンツの上にかりゆしという異国情緒あふれる格好で戻ってきたのであった。
 札幌チームのみなさん、お世話になりました。

|

« 読書日記「死ぬほど読書」 | トップページ | 読書日記「WOLF」 »

コメント

楽しくて温かい、中先生の文章が大好きです。ほんとうに癒されます。ありがとうございます。

投稿: | 2017年8月30日 (水) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65720712

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌遠征紀:

« 読書日記「死ぬほど読書」 | トップページ | 読書日記「WOLF」 »