« ポメラニンアン対小次郎(二代目) | トップページ | 夏休みの宿題 »

2017年8月 1日 (火)

読書日記「山窩寄談」

 三角寛。河出書房文庫。

 漂流の民とされるサンカについての実話録という内容とされているが、解説では、三角による創作の可能性が強く示唆されている。
 実際は小説だというのである。
 真偽はともかくとして、読み物としてはめっぽう面白く、グイグイと物語の中に引き込まれていく。
 隆慶一郎の作品の中にも、こうした人々がたくさん出てくるが、その実体はどうであったのかと思いを馳せるのには適当な一冊である。

|

« ポメラニンアン対小次郎(二代目) | トップページ | 夏休みの宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65604373

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「山窩寄談」:

« ポメラニンアン対小次郎(二代目) | トップページ | 夏休みの宿題 »