« 今日も機嫌いいワン | トップページ | 京阪のプレミアムカー »

2017年9月 5日 (火)

読書日記「グアンタナモ収容所で何が起きているか」

 合同出版。アムネスティ・インターナショナル日本。
 うっすらと聞いていたが、アメリカが反テロ戦争においてどのようなことをしているのか、この本を読むと驚かされる。
 アメリカ法の適用のない収容所を海外に作り、その中で日々拷問や性的虐待が行われているというのである。

 テロに関与しているとして疑われて、母国から収容所に送られ、正当な刑事手続も踏まされず、中で死亡する場合や、長期収容される場合、居所さえ分からなくなる場合があるという。
 アメリカの正義の裏で行われているこうした行為を、我々は知るべきであろう。
 少し古い本であり、私が購入してからも時間が経過したが、世界の現状はこの頃と変わっていないようである。
 一読の価値ある本である。

|

« 今日も機嫌いいワン | トップページ | 京阪のプレミアムカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65750098

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「グアンタナモ収容所で何が起きているか」:

« 今日も機嫌いいワン | トップページ | 京阪のプレミアムカー »