« 受付の電話対応って大事 | トップページ | 牢名主だワン »

2017年9月15日 (金)

読書日記「1Q84」

 新潮文庫。全6巻。村上春樹。
 文庫発売と同時に購入していたのだが、さすがに6冊あるのでいつ読んだものかと思って数年放置していた。

 札幌に行く時の往復の飛行機がプレミアムクラスにグレードアップできたので、ゆったりとできたので、その行き帰りで一気に4巻くらいまで読めたのが大きい。
 物語は村上春樹だなあというところであり、私にはラストは物足りないが、村上春樹ファンにはそこがいいとされているので、人を選ぶ作家であることは間違いなかろう。
 私はここまで売れる作家ということで、そこに何かしかがあるのだろうと思い、村上春樹作品は時々読むことにしている。
 あと、細かいところだが、騎士団長殺しでも法的なことについて誤りがあったが、1Q84でも間違っているところがあった。その点だけ弁護士に聞くとか、あるいは編集者の方でチェックはしないものなのね、と思っている。
 騎士団長殺しが今までの村上春樹の物語のまとめだと批判されているようであるが、確かにそういうところもあると1Q84を読んで「ああ、ここか」と思い、意味が分かるところもあった(ネタバレになるのと、これから読む人もいるだろうから、書きませんが)。
 単純な私は世界観を知る為に、ヤナーチェクを買いました(きっとこの作品が発売された頃も売れたであろう)。ここまで押されたらどんな曲か気になるし。時々事務所で鳴っています。
 今ころ1Q84を読んでいる人も珍しいとは思うが。
 以上です。
 

|

« 受付の電話対応って大事 | トップページ | 牢名主だワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65789783

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「1Q84」:

« 受付の電話対応って大事 | トップページ | 牢名主だワン »