« 犯罪被害者と弁護士による二次被害 | トップページ | 昨日午後から東京出張です。 »

2017年10月19日 (木)

読書日記「日本海 その深層で起こっていること」

 講談社ブルーバックス。蒲生俊敬。

 日本海は他の海と海峡でつながっているが、海峡が浅いため、水の流入が少なく、一つの独立した海として世界の海の研究をするについて、独自の地位を築いているということである。
 そして、日本海の冬の気候や対馬海流により、上層の水が攪拌され、それが底に沈むことで酸素が入った上層の水が深層に落ちていき、それが故に豊かな海であるということであった(不正確であればご容赦願いたい)。

 日本海側の気候は、日本の日本海側に雪を降らせ、降雪によって苦しめられる一方で、その雪により日本の豊かな四季があるということも理解できた。
 独立した海の中にはこうした攪拌が起こらず、死んだ海になってしまっている海もあり、日本海も現在の独自の気候が変化すると、死んだ海になる可能性もあり、自然の神秘があるからこそ、現在の日本があることを認識させられる一冊。
 知的好奇心の探求には是非。

|

« 犯罪被害者と弁護士による二次被害 | トップページ | 昨日午後から東京出張です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65931617

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「日本海 その深層で起こっていること」:

« 犯罪被害者と弁護士による二次被害 | トップページ | 昨日午後から東京出張です。 »