« 落花生 | トップページ | じっと見つめるワン »

2017年10月13日 (金)

読書日記「日航123便墜落の新事実」

 河出書房新社。青山透子。

 少し前に読んだ、「WOLF」という文庫本の中に、日航123便の墜落に関して自衛隊が隠蔽工作を図ったという記載が何度されており、今まで事故原因について疑うこともなかった私であったが、「何かあったのかもしれない」と思っていると、本屋でちょうどこの本を見つけた。
 筆者はもとCAで、事故原因に疑問を抱き、既にこれよりも前に日航123便墜落の原因について一冊の本を上程されている。これについては目撃証言をもとに何があったのかを明らかにしようとされた一冊である。
 読んでその内容に衝撃を受けた。
 目撃証言を踏まえても、現場の状況からしても、一般に公開されている事故原因であるはずがないのである。
 内容はネタバレになるので書かないが、事故の原因は全く別のものであったといわざるを得ない。
 なぜ、123便に乗っていた人は死ななければならなかったのか、また、救える命はもっとあったはずではないか、その疑問から筆者は丹念に目撃者と面会を重ね、真実に近づいていく。
 今年読んだ本の中でも、上位に来ることは間違いがない一冊である。
 お勧めである。

|

« 落花生 | トップページ | じっと見つめるワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65907589

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「日航123便墜落の新事実」:

« 落花生 | トップページ | じっと見つめるワン »