« 毛布の季節だワン | トップページ | 第30回全国法曹サッカー大会その4 »

2017年11月 7日 (火)

第30回全国法曹サッカー大会その3

 京都2の二戦目の相手は東京1、東京アダルトチームであった。

 期的には、上の方の期(とはいっても、48期の私や39期の橋詰裁判官のような人はいないが)で構成されており、名古屋を破った勢いで、このまま勝利したいところであった。
 私も右サイドハーフで先発し、先ほど同様の若いもの中心の布陣で臨んだ(私が入っているのは、全国大会の独特の雰囲気にみな最初は呑まれるので、ベテランとして入っていただけであり、私が年がいっているのにすごい選手という訳ではない)。
 しかし、開始5分で、ペナルティーエリア内でセンターバックの杉山選手(裁判官)が痛恨のハンド。トラップしたボールが手にあたり、正直な杉山選手は「あっ。やっちゃった。」という顔になり、審判から「故意じゃないのはわかるけどね。」と言われながら相手にPKを与えてしまった。これがセルジオラモスなら、手に当たっても知らん顔をしてプレーを続けていたであろうが、そこがレアルマドリードと我々京都2の違いである。
 PKを決められて早くも1-0。25分1本という変則的な試合であるため、最初に得点を取られると焦る。
 その後も選手交代をしながら攻めたが、焦りからか効率のいい攻撃ができず、1-0でタイムアップ。
 やはり、全国大会は厳しかった。
 あと残っているのは超強豪の神戸1と大阪1であり、やはり全国大会で1位通過など、夢のまた夢であったようである。
 この間に、優勝を狙う京都1は順調に勝ち点を取り、九州選抜に1-0で勝利し、神戸2にも1-0で勝利していた。さすが我々京都2とは違うのである。
 我々京都2は、悲壮な覚悟で、初日の残り2試合に臨んだ。
 つづく。

|

« 毛布の季節だワン | トップページ | 第30回全国法曹サッカー大会その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/65994132

この記事へのトラックバック一覧です: 第30回全国法曹サッカー大会その3:

« 毛布の季節だワン | トップページ | 第30回全国法曹サッカー大会その4 »