« 渡り鳥(と思われる鳥) | トップページ | けっこうお目々も大きいワン »

2017年11月17日 (金)

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。

 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。
 こういうフレーズで、全編、生物が生き残るために、ニッチを求めて、あるいは競争しない食べ物を食するよう進化することで、あるいは小さいオスはメスに化けてハーレムに入り込み、隙を見て交尾をして子孫を残したり、活動時間帯を変える等々をしている具体例が書かれている。
 人生において生き残るために、参考となることが多いと思われ、大変面白かった(私が生物好きということもあるが)。
 なお、小次郎の写真更新のほかは、しばらくサッカーネタ等で読書日記が書けていなかったので、しばらくは読書日記を続ける予定である。
 読書に興味がない人には申し訳ない。

|

« 渡り鳥(と思われる鳥) | トップページ | けっこうお目々も大きいワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66050029

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「弱者の戦略」:

« 渡り鳥(と思われる鳥) | トップページ | けっこうお目々も大きいワン »