« けっこうお目々も大きいワン | トップページ | 読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」 »

2017年11月21日 (火)

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。
 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。

 実際にあった事件をモデルにした小説ということであるが、この小説のすごいところは、最初の350頁か400頁くらいまでは、物語に出てくる人物の説明などで、ほぼ物語が進まないというところである。
 ここで挫折する人がいるというのもうなずけるのである。
 中々進まなかったが、若い頃に文学を読まなかったので、40歳を過ぎてからは意識的にこれを読むようにしているため、そこを我慢して読んだ。
 400頁を過ぎたあたりから物語は進みだし、その後、怒濤のように悲劇が続く。
 暗殺や群衆によるリンチなど、読んでいて気が滅入るほどの悲劇の連続である。
 
 この物語は筆者にとって大切な物語であったが、本来入るべきところに主人公の独白が入れられていなかったり、保管されている原稿によって内容が違っていたりして、そこも難解になっている。
 秋の(もう冬ですが)夜長の読書にいかがであろう。

|

« けっこうお目々も大きいワン | トップページ | 読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66066032

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「悪霊」(上)(下):

« けっこうお目々も大きいワン | トップページ | 読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」 »