« 読書日記「上杉謙信 シリーズ実像に迫る14」 | トップページ | 裁判官の考え方 »

2018年1月15日 (月)

俺、濡れるの平気だワン

 けっこう雨が降っていた日に散歩から戻ってきて乾いた頃の小次郎(二代目)である。

 初代小次郎は、雨が降っていると、「あ、俺今日やめとくわ」という感じで外に出ようとしなかったが、二代目小次郎は雨が降っていようが雪が積もっていようが、朝と夜の散歩には絶対にいくやつである。
 俺、濡れるの平気やし、と言っているようである。
1515398706915

|

« 読書日記「上杉謙信 シリーズ実像に迫る14」 | トップページ | 裁判官の考え方 »

コメント

雨が降っていても
雪が積もっていても
朝晩お散歩に連れてってくれる人のおかげです♪

投稿: みゆママ | 2018年1月16日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66269624

この記事へのトラックバック一覧です: 俺、濡れるの平気だワン:

« 読書日記「上杉謙信 シリーズ実像に迫る14」 | トップページ | 裁判官の考え方 »