« 正月休み明け | トップページ | 俺、濡れるの平気だワン »

2018年1月12日 (金)

読書日記「上杉謙信 シリーズ実像に迫る14」

 戎光祥出版。石渡洋平。

 史料等に基づいて、武将の実像に迫るシリーズである。
 上杉謙信は好きな武将の1人であるが、「義」の将というイメージがあり、小説などでもそのあたりが強調され、義のイメージに合わないエピソードなどは割愛されることが多い。
 真実の謙信がどのような武将であったのか、史料に基づいて整理されており、【義】だけではなかった姿が描かれる。
 謙信は無敗であったという訳でもなく、関東で大敗北を喫するなど、軍神というイメージも後世が作ったものなのかと思わせられる。

|

« 正月休み明け | トップページ | 俺、濡れるの平気だワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66265715

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「上杉謙信 シリーズ実像に迫る14」:

« 正月休み明け | トップページ | 俺、濡れるの平気だワン »