« 読書日記「「石油の呪縛」と人類」 | トップページ | 北斗七星 »

2018年2月26日 (月)

このクッションは俺のだワン

 なぜか床に置いてあるクッションは自分のものだと思っている小次郎(二代目)である。

 このクッションが空くと、タタタタと走っていき、ささっと寝るのである。
 写真のように、ちょっとあごが乗せられるのがいいようである。
Kimg0036

|

« 読書日記「「石油の呪縛」と人類」 | トップページ | 北斗七星 »

コメント

クッションだけといわず、どうぞ何でもお使いくださいと言いたい(^_-)-☆

投稿: | 2018年3月 7日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66421712

この記事へのトラックバック一覧です: このクッションは俺のだワン:

« 読書日記「「石油の呪縛」と人類」 | トップページ | 北斗七星 »