« ボール投げて欲しいワン | トップページ | お尻が冷たい »

2018年2月 6日 (火)

読書日記「ザ・リンク ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見」

 早川書房。コリン・タツジ。
 ドイツの化石が山ほど出る穴があったのだが、そこから、ほぼ完全系の霊長類の化石が掘り出されていた。コレクターの手から高額で売却されるということから、何とかして資金を準備し、その化石を購入して、主人公達は最高の知能でその化石からヒトとサルをつなぐミッシングリンクであることを整理していく。

 進化というものの壮大さを思い知らされる一冊であったが、今はすごい安い価格で中古市場で買えるようである。
 だいぶ前に買っていたのであるが、何か損した気分となるところが、私の器の小ささである。

|

« ボール投げて欲しいワン | トップページ | お尻が冷たい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66361147

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「ザ・リンク ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見」:

« ボール投げて欲しいワン | トップページ | お尻が冷たい »