« 北斗七星 | トップページ | 読書日記「ゴッホの耳」 »

2018年2月28日 (水)

札幌と寒さ

 札幌に住んでいたことがあるというと、寒さに強くなったでしょう、と言われるが、これは間違いで、むしろ寒さに弱くなるのである(実務修習が札幌だったのである)。

 私自身、札幌に行く前よりも寒がりになった。
 暖房や断熱が発達しているので(逆に、そうなっていないとやってられない)、外気に触れるとしても長時間ではなく、地下街も発達しているため、移動の間上を移動しなければ、快適な状態で飲み屋を移動できるのである。
 冗談かと思っていたが、本当に冬場の室内はシャツ一枚で十分であった。暖房を消すと室内もとてつもない寒さではあったが。。。
 当時は暖房費がかかるという理由で、寒冷地手当というものがついていたが、今は給料ではないので、もうそんなものはないのであろう。
 ものすごく久しぶりに、ワカサギの穴釣りでもしてみたい気分である。

|

« 北斗七星 | トップページ | 読書日記「ゴッホの耳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66437276

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌と寒さ:

« 北斗七星 | トップページ | 読書日記「ゴッホの耳」 »