« 家裁の待合室には入らない | トップページ | 隙間時間の活用 »

2018年3月14日 (水)

読書日記「極夜行」

 文藝春秋。角幡唯介。

 ツァンポー渓谷の踏破を始め、アグルーカの行方、雪男は向こうからやってきたなどを描いた著者の新たな冒険。それは、極北地域で大陽がのぼることのない「極夜」の単独行であった。
 太陽が昇らない世界はどういうものか、どのような危険が著者を待ち受けるのか、唯一のパートナーである犬とともに著者は死んでしまうのか-。
 我々が知らない極限の世界が描かれる。
 冒険ノンフィクションの傑作である。
 是非一読を。

|

« 家裁の待合室には入らない | トップページ | 隙間時間の活用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66491630

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「極夜行」:

« 家裁の待合室には入らない | トップページ | 隙間時間の活用 »