« 札幌と寒さ | トップページ | たまにはお尻向けて寝るワン »

2018年3月 1日 (木)

読書日記「ゴッホの耳」

 早川書房。バーナデッド・マーフィー。

 私はミーハーかもしれないが、ゴッホが好きである。ゴッホ展があるとたいていは美術館に行く(今回はいけなさそうであるが)。
 誰の絵が好きかというのは、専ら感覚の問題であろう。
 この作品は、ゴッホが切り落としたのは耳全体であったのか、あるいは耳たぶだけであったのか。また、ゴッホはなぜそうした行動に出たのか。ゴッホが耳を渡した相手は誰であったのか。ゴッホの作風がなぜ変わったのか。当時のアルルの日常風景はどうであったのかについて本当に綿密な取材・調査から一つ一つ明らかにしていく。
 ゴッホ好きにはたまらない作品であるが、一級のミステリーを読んでいるような感覚にも陥る。
 表紙の後にいくつかカラーで作品が掲載されているのもよい。
 興味がある方は一読を。

|

« 札幌と寒さ | トップページ | たまにはお尻向けて寝るワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66437303

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「ゴッホの耳」:

« 札幌と寒さ | トップページ | たまにはお尻向けて寝るワン »