« 吠えるワーン | トップページ | コート考察 »

2018年4月10日 (火)

読書日記「下天は夢か」

 日本経済新聞社。全4巻。津本陽。

 久しぶりに津本陽の下天は夢か(主人公は信長)を読みたくなり、寝る前に少しずつ読んでいた。
 信長が本能寺の火の中に突入するところで、下天は夢かは終わる。
 成功の絶頂期にいた信長の死に方は、その後の家康の天下取りに影響を与えたであろう。
 秀吉もそうであったはずであるが、老耄した秀吉は、信長の教訓を活かせなかった。
 信長が生きていれば、今の世界もまた違ったはずであるが、光秀が本能寺の変を起こした理由は、400年以上が経った今も、議論されるほどの謎である。

|

« 吠えるワーン | トップページ | コート考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66592049

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「下天は夢か」:

« 吠えるワーン | トップページ | コート考察 »