« 既にかなり日焼けをしたの巻 | トップページ | 読書日記「未来の年表」 »

2018年4月18日 (水)

読書日記「シベリア出兵」

 中公新書。麻田雅文。
 ロシア革命が起こった時期に、日本は反革命軍救出を名目にシベリアに出兵し、シベリアを実効支配しようとした。
 諸外国からの抗議にもかかわらず、7年間に渡る戦争を継続した原因は何であり、また、そりによって日本が得たものはなんであったのか。

 その中で日本人が虐殺をされ、代償として北サハリンを占拠する。
 当時の政府がどのようなことを考えていたか、また、この流れで日中戦争に突入した経過も分かる。
 今の日本が戦力を持つことをなぜ諸外国が警戒するのかがよく分かる一冊である。
 歴史好きでないと辛いかもしれない一冊であるが、日本がどのような歴史を持っているかを知ることは重要であろう。

|

« 既にかなり日焼けをしたの巻 | トップページ | 読書日記「未来の年表」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66621208

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「シベリア出兵」:

« 既にかなり日焼けをしたの巻 | トップページ | 読書日記「未来の年表」 »