« 弁護士の使う鞄考 | トップページ | 初収穫 »

2018年5月16日 (水)

読書日記「戦争の日本中世史」

 新潮社。呉座勇一。
 下克上は本当にあったのか、が副題であるが、そこに紙幅はさほどかけられていない。

 鎌倉時代の戦争と、室町時代の戦争の実際を史料を基に描き出している一冊である。
 既存の思考で見るのではなく、史料から当時どうであったかを丹念に考証しており、武士が戦争を本当に望んでいたのか、戦争に領主が行くとその領地がどうなるのか、領主が討ち死にした後の領地の行方など、できうる限り当時の実態を明らかにしようとしている。
 とてつもなくマニアックな一冊であり、私のような歴史マニアでないと読まないであろうと思いつつ、一応読んだので日記としてあげておく。

|

« 弁護士の使う鞄考 | トップページ | 初収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66719122

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「戦争の日本中世史」:

« 弁護士の使う鞄考 | トップページ | 初収穫 »