« 宴会のドタキャン、ドタ参 | トップページ | 爆睡だワン »

2018年5月11日 (金)

読書日記「10万個の子宮」

 平凡社。村中璃子。

 
 子宮頸がんワクチンの副作用ということが言われているが、本当にそれがワクチンの副作用なのか、という問いかけの一冊。
 逆の立場からの整理した本を読んでない上、このワクチンに関しては訴訟が継続もしていることから、私自身の見解を示すことは軽々にできないが、マスコミで報道されていない事実も指摘されており、マスコミ報道だけで判断することの危険性も感じたところである。
 いずれが真実かは私も判断がつきかねるところがあるが、科学ノンフィクションとして、読んで損はない一冊である。

|

« 宴会のドタキャン、ドタ参 | トップページ | 爆睡だワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66704485

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「10万個の子宮」:

« 宴会のドタキャン、ドタ参 | トップページ | 爆睡だワン »