« ポテチンと寝てるワン | トップページ | 裁判所の夏期休廷期間、そして宿題という名の書面書き »

2018年7月18日 (水)

読書日記「パン屋再襲撃」

 文春文庫。村上春樹。

 なんとなくこの夏は村上春樹を読もうと思っていた。
 そこで、長編は読み始めると時間が必要なため、短編集を移動の際に読んだ。
 ねじ巻き鳥の原型となった小編も掲載されている。
 レイモンド・チャンドラーは短編を組み合わせて長編にしたり、横溝正史も同じようなことをしていたが、作家というものはたまにそういうことをするようである。
 象が消える不条理な世界の「象の消滅」、夫婦がパン屋を襲撃する(しかも妻はなぜか手際がいい)表題作、兄と妹の関係を描いた「ファミリー・アフェア」。
 読んでも中々理解できないが、そこが村上春樹なのだろう。

|

« ポテチンと寝てるワン | トップページ | 裁判所の夏期休廷期間、そして宿題という名の書面書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/66950284

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「パン屋再襲撃」:

« ポテチンと寝てるワン | トップページ | 裁判所の夏期休廷期間、そして宿題という名の書面書き »