« 虫と熱中症 | トップページ | メールの返信 »

2018年8月16日 (木)

読書日記「トラクターの世界史」

 中央公論新社。藤原辰史。
 トラクターの世界史というマニアック極まれりという新書である。

 おそらく、読まれる方は少ないのではないか。知らんけど。
 トラクターの発明によって農業がいかに発展し、人工の増加に寄与し、当初のトラクターから現代のトラクターに移行するまでの開発苦労や、日本人技師の努力など、人間的な観点からも語られる。
 プレスリーはトラクターの蒐集を趣味にしていたなど、以外なエピソードも語られる。
 マニアックではあるが、歴史というものを様々な側面から検討するという意味では、こうした著作も非常に面白いのである。

|

« 虫と熱中症 | トップページ | メールの返信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67044498

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「トラクターの世界史」:

« 虫と熱中症 | トップページ | メールの返信 »