« 読書日記「合成生物学の衝撃」 | トップページ | 読書日記「モーセの災い」 »

2018年8月 9日 (木)

離婚について

 離婚事件で一方の配偶者からすると、相手がなぜ離婚を求めているのか分からないという場合がある。
 この場合、自分がしていることが問題であるという認識がないこともあるが、突然態度が変わったことに理由がある場合もある。
 最もよくあるのは、交際している異性がいる場合である。

 相手方からさしたる主張もないが、かたくなに離婚を求められている事案では、依頼者にそうした可能性も説明している。
 あくまで可能性ということで説明しているが、過去に数回、離婚が成立した後に、「相手の方はもう結婚して、子どもも生まれたようです。何か手段はないでしょうか。」という報告が依頼者からあったこともある。
 騙されて離婚をさせられた気になられるのだが、調停や裁判上の和解で離婚している場合、離婚が錯誤で無効で争うという構成を取るしかなく、現実的には実益がないという説明をすることになる。
 後日そうした気持ちになられるのであれば、離婚成立前に素行調査をすればとも思うが、経済的にそこまでの余裕がない事案も多い。
 種々の問題も含めて、離婚をすることにしたということになるのが通常であろうから、そうした可能性も含めて、離婚するかどうかを決めるしかないであろう。

|

« 読書日記「合成生物学の衝撃」 | トップページ | 読書日記「モーセの災い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67034135

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚について:

« 読書日記「合成生物学の衝撃」 | トップページ | 読書日記「モーセの災い」 »