« 読書日記「TVピープル」 | トップページ | 悪いことばかり起こるワン »

2018年9月 7日 (金)

読書日記「海について あるいは巨大サメを負った1年」

 化学同人。モルテン・ストロークスネス。
 ニシオンデンザメに魅せられてというのが副題である。

 ニシオンデンザメというのは、体長7メートル、400年は生きるという巨大ザメで、体重は1トンとされる。深海に生息するともいうが、その生態は謎である。
 小さなゴム製のボートで、粗野な道具でこのサメを捕獲しようという思いに取り憑かれた2人の男がニシオンデンザメを追った1年を描いたノンフィクションである。
 ニシオンデンザメを捕獲できるかどうかハラハラさせられるというところもあるが、ノルウェーの自然の描写が素晴らしい。ノルウェーでは賞を受賞し、世界20ヶ国以上で翻訳が決まっている。
 人が常時見ることのできない深海には、怪物がまだまだ潜んでいそうである。

|

« 読書日記「TVピープル」 | トップページ | 悪いことばかり起こるワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67137233

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「海について あるいは巨大サメを負った1年」:

« 読書日記「TVピープル」 | トップページ | 悪いことばかり起こるワン »