« 弁護士に必要な能力 | トップページ | 読書日記「海について あるいは巨大サメを負った1年」 »

2018年9月 6日 (木)

読書日記「TVピープル」

 文春文庫。村上春樹。

 短編集である。
 
 先日読んだ短編集よりは心に残るものがなかった。
 ゾンビという作品は書き下ろしのようであるが、非常によくあるパターンの物語で、どうしてこういうものを村上春樹が書いたのかと思う。よくあるパターンの物語で、敢えて何かを挑戦しているのかもしれないが、下手な文学読みの私には理解できなかった。
 後に長編の一部に使われている作品もあるようである(レイモンド・チャンドラーも同じことをよくしているので、ここはチャンドラー好きな村上春樹は模倣しているのだろうか)。
 作品としては、「ねむり」という作品が最も印象に残る作品であろう。全く眠ることができなくなった主人公の女性を描いた作品であるが、答えがないままに物語が終わる。開かれた終わり方は村上春樹らしい。
 

|

« 弁護士に必要な能力 | トップページ | 読書日記「海について あるいは巨大サメを負った1年」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67133410

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「TVピープル」:

« 弁護士に必要な能力 | トップページ | 読書日記「海について あるいは巨大サメを負った1年」 »