« 第31回法曹サッカー全国大会結果最終 | トップページ | 期日を飛ばした時 »

2018年10月31日 (水)

読書日記「風の歌を聴け」

 講談社文庫。村上春樹。

 購入したはずが、自宅の部屋の大量にこれから読みたい本の中に埋もれていたため、見当たらなかったが、部屋を少し整理したら出てきたので読んだ。
 村上春樹のデビュー作である。
 他の作家とは違う何かを感じさせる作品であるが、最初の作品ということで後の村上作品と比較すると、どう捉えてよいかよれ分からず、賛否両論であったのがわかる。
 この作品が賞を取らなかったり、編集者のところでボツにされていたら、村上春樹という作家もいなかったのかもしれない。
 羊三部作の最初の作品なので、本当はこれを最初に読まないといけなかったのであろう。羊三部作の後に、「ダンス・ダンス・ダンス」で完結しているので、本当は四部作ではないかと思うのだが、なぜ三部作と言われているのかはよくわからないが。
 これで羊三部作は読了である。

|

« 第31回法曹サッカー全国大会結果最終 | トップページ | 期日を飛ばした時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67328635

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「風の歌を聴け」:

« 第31回法曹サッカー全国大会結果最終 | トップページ | 期日を飛ばした時 »