« 今週の小次郎 | トップページ | 名刺広告 »

2019年1月23日 (水)

16年ぶりの自動車

 乗っていた自動車の左の後ろのドアが開かなくなり、窓も2箇所作動しなくなり、右前のウインカーが何度修理しても、すごい速くチカチカなってきていた。16年間乗っていたので、さすがに交換時期であろうと思い、新車を購入することにした。

 マツダのデミオに乗っていたのであるが、これを機会に人気のあるCX-3という車種にした。カラーは赤である。
 
 少しデミオより大きい程度だと聞いていたが、乗ってみるとかなり大きく感じて怖い。
 また、鍵を鍵穴に入れてエンジンをかけるのではなく、ボタンでエンジンをかける。
 さらにバックするとモニターで後ろが映る、パーキングブレーキは棒ではなくカチャッとやるタイプである。ナビも今までついていなかったのであるが、ナビの操作が分からないなど、もはや近未来の世界に飛ばされた感じである。
 でかいので(いや、もっとでかい車に乗っている人はいるだろうけど、私からすると巨大なんです)、車庫入れの際も怖い。
 装備はともかく、デミオにしておけば良かったと既に反省している今日この頃である。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 名刺広告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16年ぶりの自動車:

« 今週の小次郎 | トップページ | 名刺広告 »