« 今週の小次郎 | トップページ | 読書日記「私はすでに死んでいる」 »

2019年1月 9日 (水)

読書日記「昨日がなければ明日もない」

 文藝春秋社。宮部みゆき。
 探偵・杉村三郎氏シリーズの最新刊。

 杉村三郎と、ちょっと困った女たちという構成である。
 宮部みゆきは、人物造形が圧倒的にうまい。こういう人物いると思わせてくれるので、そういうところは、松本清張に通じるところがある。

 また、トリック自体も奇をてらうことがない。
 救いのない結末もあるが、やはり希代のストーリーテラーである。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 読書日記「私はすでに死んでいる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67566351

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「昨日がなければ明日もない」:

« 今週の小次郎 | トップページ | 読書日記「私はすでに死んでいる」 »