« 混んでいる駅での二輪キャリーケース | トップページ | 読書日記「バースディ・ガール」 »

2019年2月 6日 (水)

決めつける裁判官

 事件について決めつけてくる裁判官がたまにいるのだが、外れていることも多い(もちろん私の見立てが間違っていることが絶対にないとはいえないことも事実ではあるが。)。

 今まで何回か書証から「この事件は無理である」と言われた事件について、尋問をはた結果、「心証が変わりました」ということで和解したり、判決で勝訴した事件がある。
 また、一審で、証拠からするとこちらの請求が認められない訳がないのに、「請求を棄却する」と言われて高裁で完全逆転した事件もある。
 事件の筋を早い段階で決めつける裁判官にいい裁判官はいないと思っている。
 心の中で思っているだけよりは、言ってくれた方がいいのだが(こちらもやりようもあるので)、言い方が悪い裁判官もいる。また、心証が変わったと言ってくれる裁判官は、まだいい裁判官だと思う。自分も間違えることを明らかにされているからである。
 弁護士と雑談していると、評判の悪い裁判官は皆同じと思っているので、最高裁の覚えがよいことが、いい裁判官だとは限らないと思うのである。

|

« 混んでいる駅での二輪キャリーケース | トップページ | 読書日記「バースディ・ガール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/67663573

この記事へのトラックバック一覧です: 決めつける裁判官:

« 混んでいる駅での二輪キャリーケース | トップページ | 読書日記「バースディ・ガール」 »