« 既存の事件の枠組みにはめる | トップページ | シリカ水 »

2019年3月27日 (水)

読書日記「バビロンの秘文字」

 中公文庫。堂場瞬一。上下巻。
 世界レベルのエンターテインメント作品ということで本屋で見て購入。
 舞台設定はよかったものの、そもそも主人公に全く感情移入ができなかった。
 フィリップマーロウのような感情移入できる主人公を作り出すのは難しいということであろう。
 また、そもそもラストシーンを読んで、「それならそもそもなんで?」というハテナマークがたくさん頭を駆け巡った。
 どんでん返しも少ないと感じてしまった。
 おそらく、複雑な筋や構成にしたり、謎をちりばめすぎると日本では売れないのであろう。
 読書をする人が減っているため、ある程度わかりやすいストーリーとする必要性もあったのかとも思われる。ライトノベルがバカ売れする時代であるから。作者のやりたかったことにも制約があったのかもしれない。
 ただ、この手の本を山ほど読んでいる人間にとっては、物足りない作品ということになってしまう。
 普通の小説として、普通に読めるのだが、この手の小説をたくさん読んでいる人にとっては、物足りない作品になってしまっているのが残念であった。

|

« 既存の事件の枠組みにはめる | トップページ | シリカ水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 既存の事件の枠組みにはめる | トップページ | シリカ水 »